社会福祉法人 千代福祉会グループ- 「障害者支援施設」「地域生活支援総合センター」のすべての機能を活用した総合的なサービスを提供いたします。

千代福祉会グループ-障害者支援施設


施設入所支援事業


ますみ学園

〈定員〉男子30名 女子20名 計50名

おおぞら学園

〈定員〉男子25名 女子25名 計50名

清風園

〈定員〉男子25名 女子25名 計50名

あおば園

〈定員〉男子26名 女子24名 計50名

利用者が夜間、休日を明るく豊かに過ごせる生活の場を提供するために、利用者の意思を尊重しながら、個々の障害程度や特性に応じた日常生活全般への支援と介護のサービスを提供します。
また、利用者の健康を守るため、日々の健康管理に努めると共に、利用者の状況に応じた食事の提供を行います。



生活介護事業


ますみ学園

〈定員〉55名

おおぞら学園

〈定員〉55名

清風園

〈定員〉55名

あおば園

〈定員〉55名

介護を必要とする利用者の入浴、排泄、食事等の介護や、洗面、髭剃りなどの基本的生活動作(ADL)及び洗濯、掃除等の日常生活面の支援と介護を、利用者一人ひとりの状態に合わせて行います。
身体機能または運動能力の維持・向上のための、様々な運動やリハビリテーションを行います。
また、アクセサリーや生活小物などの創作活動、花やいちご、菌床椎茸の栽培や販売といった生産活動を通して、日々の生活に満足感や達成感が持てるよう支援します。
※(ADL)とは、日常生活動作(Activities of Daily Living)の略で、食事、排泄、着脱衣、入浴、移動、就寝・起床など、日常の生活を送るために必要な基本動作のことです。



短期入所事業(ショートステイ)


ますみ学園

〈定員〉2名

おおぞら学園

〈定員〉2名

清風園

〈定員〉4名

あおば園

〈定員〉4名

家族の疾病その他の理由により、短期入所を希望する在宅で生活している障害者を受け入れ、入浴、排泄及び食事の介護その他の必要な支援と保護を行います。



被虐待障害者の緊急短期入所の受け入れ体制確保に係る業務の受託


仙台市からの委託業務として、被虐待障害者の緊急短期入所の受入体制を確保します。
・清風園定員1名(ただし、清風園がベッドを確保できない場合は、ますみ学園又はおおぞら学園若しくはあおば園のいずれかで確保します)



仙台市指定福祉避難所


おおぞら学園

清風園

あおば園

災害発生時に、仙台市の指定避難所などへの避難が困難、または指定避難所などでの生活が困難な障害者や高齢者の二次避難場所として、仙台市からの依頼があった場合には、できる限り受け入れます。


 

↑ PAGE TOP